男女産み分けの妊活

男女が決まるメカニズムとは

希望の性別を産むための方法は

「そろそろ赤ちゃんがほしい」と願って、様々に赤ちゃんを授かるための努力「妊活」をスタートしたときに、未来のお父さんお母さんが気になるのは生まれてくる赤ちゃんの性別です。>妊活中のお役立ち情報ならこちら。

もちろん元気に生まれてくれれば十分だけれど、できれば「男の子」「女の子」がほしいという希望もチラリとあるのが本音ですね。妊活の取り組み加太次第では、希望の性別の赤ちゃんを授かることはできるのでしょうか?希望の性別の赤ちゃんを産むための方法として、様々なアドバイスがありますが、まずはその前に赤ちゃんの性別が決まる仕組み、男女が決まるメカニズムを知っておく必要があります。

まず、精子のなかには2種類の染色体「X精子」「Y精子」があることを覚えておきましょう。結論から言えば、卵子が「X精子」と受精すると女の子が生まれ、卵子が「Y精子」と受精すると女の子が生まれる仕組みになっています。つまり、精子と卵子が受精した瞬間に、男女の性別が決定し、性別を決定したのは卵子に入った男性の精子の種別なのです。

そして、この「X精子」「Y精子」の性質を理解して「妊活」を行うことが赤ちゃん性別産み分けの成功の秘訣なのです。具体的には、受精時の膣内のPH値によって、生き残る精子の種類が決定する仕組みになっているのです。この赤ちゃんの性別を決める上でとても重要なX精子とY精子には、それぞれ次のような相反する特徴があります。

■X精子の特徴
酸に強い
寿命が2-3日
動きが遅い
数が少ない

■Y精子の特徴
アルカリに強い
寿命が1日程度
動きが速い
数が多い

いかがでしょうか。このように精子の種別ごとの特徴を知ると受精時の膣内PH値が大きく影響することが理解できると思います。